美肌女性の洗顔温度は冷たい?それとも熱め?

いつもこれを書いておかなきゃ!・・と思っていたことがあります。

顔を洗う時の温度なんです。

あなたは何度くらいがいいとおもいますか?
どのくらいの温度のお湯(お水)で洗っていますか?

洗顔石鹸

もしかして、お風呂でシャワーと一緒に洗っちゃうから、かなり熱めだけど仕方ないわ~なんて方はいませんか?(←なにを隠そう、わたしも以前こんな感じでした)

誰でも一度は聞いたり読んだりしたことがあると思うのですがでも改めて温度なんて聞かれると
ぬるめでしょ?? 人肌だったっけ?? 冷ためのほうがいいんだよね??
と困っちゃう人も多いのではないでしょうか?(*´▽`*)

私自身も意外と古い昔の知識のままで「ぬるま湯が最適」と思っていました。

でも或る日洗いながら、まてよ・・これってぬるま湯かな?ちょっと熱いかな・・
そういえばぬるま湯って漠然としすぎてる。
何度までOKなんだろう??と思ったことがあったのです。

そこで美肌の女性や皮膚科医の論文などを調査して、洗顔に最適な温度を調べてみました。

美肌につながる洗顔温度は32度

「ぬるま湯」といっても人によって体感温度も若干違います。

また敏感肌や乾燥肌の方は、なるべく冷ためのぬるま湯が良いのです。

厳密な数字でいうと

敏感肌・乾燥肌の人・・・30度~34度
普通肌の方    ・・・35度くらいまで
オイリー肌の方  ・・・35度~38度くらいまで

が適するといわれています。

これは毛穴から皮脂が溶けだす温度が30度から32度くらいなので、それよりも少ないと皮脂が落とせないからです。

そうはいっても皮脂を取りすぎてしまうと、こんどはとっても大切なお肌の保湿成分まで洗い流してしまいます。

ちょっとイメージしてみてほしいのですが、肉を焼いたフライパンを洗うときは、洗剤をつけて水やぬるま湯で洗うよりも、熱めのお湯で洗ったほうがしっかりきれいになりますね。

でも女性のお顔にはけしてそんな熱湯は必要はないです。

私はもともと面倒くさがりで、忙しい夜などは特に熱めのシャワーで身体を洗うときと同じように洗顔も流してしまっていたのですが、そのころは乾燥肌でとても悩まされていました。

或る日とても肌の綺麗な友人に、肌がきれいね・・と言ったら、彼女は「敏感肌でアトピーもあるから、石鹸とか洗顔も強いのはダメだし、ほんと大変なのよ」と言っていました。

「肌が薄いからすぐに赤くなっちゃうし、ひりひりするから顔を洗う時もそおっとそおっと
冷ためのお湯で洗ってさぁ・・」と言うのです。
「冷ためのお湯?」と聞くと、「そう、熱いのなんてとんでもないよ!絶対ダメダメ!!」と言っていました。

敏感肌の方は大変かもしれないけれど、その分そっと洗うことやお湯の温度なども毎回しっかり確認しているので、毎日継続されることで一般肌の方よりもずっと美肌になれるチャンスが多いんだな・・とその時感じました。

特に冬場は、今までより温度を下げて洗顔すると少し冷ためだなと感じるかもしれませんが
平均的に美肌の方の洗顔温度は32度程度のようです。
(もちろんご自分のお肌のタイプで若干調節しなくてはならないのですが)

測ってみると、結構冷ためのぬるま湯です。(きゃ~!つめたい~。。とは思わないけれど、かなりひんやりしています)

スキンケアの基本の洗顔、そしてそのお湯の温度、意外に盲点ですがこんなところに大きな美肌のヒントが隠されていたりします。

是非あなたもぬるま湯洗顔を続けて美肌を確保してくださいね。