シミと目の下のくま。どうしたらいい?

2017年12月6日

今日はデート。でも今日に限って目の下のクマがすっごく目立つわ・・

シミもなんだか増えたみたい・・あ~~時間もないし、どうしよう。
とりあえずコンシーラーで隠しちゃいましょう。。

でも夕方鏡を見ると、なんだかコンシーラーのところが目立ってかえって変になってる・・。
目の下のクマも、ハイライトのせてみたけど、よけいに変だったかなぁ・・?

お出かけのためにせっかくきちんと手間をかけたつもりだったのに、なんだかかえって変になっちゃった、なんて経験はありませんか?

実はシミをカバーするとき、無意識にしっかりカバーして肌を綺麗に見せたい・・と思ってしまうので、ベースとファンデーションをしっかり塗りすぎてしまう人が多いのです。
でもそうすると、夕方頃、お肌がひび割れのようになってしまいます。

実はシミは、乾燥肌ほど黒く濃く見えてしまうということ、ご存知でしょうか?

また、乾燥肌の人がコンシーラーを塗ると、ひび割れのようになってしまい、なじみが悪いです。

それではどうしたら良いかといいますと、もうこれは一もにもなく保水をすることです。
保水してしっとりとしたお肌は、肌そのものも美しく見えるだけでなく、シミが目立ちません。

さらにコンシーラーも肌にぴったりとなじむのでひび割れたりせず、とても自然になじみます。

朝、潤いのためのパックを3分間できれば一番いいのですが、急いでいてその時間がなかったら、洗顔後化粧水をつけてから30秒ほど時間を置きます。

この30秒の間に肌の表面は水分をほとんど吸収してしまい、残らない状態になるので、もう一度化粧水をたっぷりとつけてください。

一度目の化粧水ですぐに乳液や下地をつけると、水分不足で乾燥肌になってしまいます。

ぜひ、シミを目立たなくさせるためにも、コンシーラーを上手にのばすためにも、化粧水を「2度付け」しましょう。

 

そしてつぎは目の下のくすみです。

これは、化粧下地のあとに、コントロールカラーのピンクパールを目の周りにのせてください。

そしてファンデーションを塗り、くすみの気になる目の下と、瞼の上にも少しピンクパールを付け足します。

ここはピンクが少し入ったパールがミソで、シルバー系やホワイト系、ゴールド系のコントロールカラーを使うと、つけたその瞬間は光が反射してとても綺麗なのですが、時間がたつとくすみが浮いてくることがあります。

夜のお出かけなどには、疲れたお顔に見せたくありませんね。

そのうえで、チークを薄くふんわり入れると血色もアップし、目の周りもとても明るくきれいに見え、くすみを感じさせません。

どうぞ素敵なお出かけの緊急レスキューに、このテクニックを覚えておいてくださいね。